偏見差別相談事例

患者さんやご家族から寄せられた実際の相談事例を紹介しています。

患者さんやご家族から寄せられた相談と
専門家からの回答を紹介します

あなたと同じようにつらい思いをしている肝炎患者さんはたくさんいます。そのような患者さんの声を聞いてみましょう。

このようなご相談が寄せられています
カテゴリ:
  • 医療機関(歯科)
  • 就職
  • 職場
  • 介護施設
  • 保育園

ウイルス排除後も歯科で治療を断られる。定期健診とか歯石除去も嫌がられる。

医療機関(歯科)
ご相談者: C型肝炎の患者さん

看護学校で看護師を目指している。
実習の病院が受け入れを拒否する可能性もあると学校に言われた。
B型肝炎だと看護師になれないのか。

就職
ご相談者: B型肝炎の女性

会社でこれまで肝炎ウイルス検査をしなかったのに、今年から始めると聞き悩んでいる。
受けなくても大丈夫か?何か言われそうで不安。

職場
ご相談者: B型肝炎の患者さん

以前から施設に入居している子供がC型肝炎で、現在ウイルス排除に成功して2年経過した。治療前から入浴も食器も別にされていたが、今もその対応が続いている。
施設側は、「再発の可能性があるから」と言うが、その後も陰性が続いており、肝機能も正常値。この対応がいつまで続くのか疑問。

介護施設 (1)
ご相談者: C型肝炎の患者さんの家族

「どんな小さな傷があるかわからないので、お風呂は一番最後に入ってもらう」と言われ傷つき、その後デイサービスを受けるのをやめた。

介護施設 (2)
ご相談者: C型肝炎の患者さん

出産後、子供に母子感染防止のためのワクチンを打ったが、陽性になってしまった。
B型肝炎のことも伝えた上で保育園入園が内定したが、その後自宅待機を命ぜられた。

保育園
ご相談者: B型肝炎の子どもの母親
このサイトは「ソーシャルメディア等を活用した肝炎ウイルス感染者の偏見差別の解消を目指した研究」の研究班により運営されています