偏見差別相談事例

患者さんやご家族から寄せられた
実際の相談事例を紹介しています。

家族が、献血でB型肝炎の抗原陽性とわかり、今後のことが心配。

ウイルス検査
ご相談者: B型肝炎の患者さん
A1回答1

とてもご心配だと思います。世間では肝炎に関して誤った情報も多く、それが肝炎患者への偏見差別につながっています。どうぞ、正確な知識と判断で心強く、その方を支援して下さい。もちろん進学や就職、結婚もまったく問題ありません。

まずは肝臓専門医での診察を受けるようにお勧めします。

A2回答2

献血でB型肝炎の抗原陽性とわかった場合、抗原が持続性陽性なのか、一過性陽性なのかで、今後の対応が大きく異なります。まず、肝臓専門医に受診され、正確な診断を受けて頂きたいと思います。

このサイトは「ソーシャルメディア等を活用した肝炎ウイルス感染者の偏見差別の解消を目指した研究」の研究班により運営されています