偏見差別相談事例

患者さんやご家族から寄せられた
実際の相談事例を紹介しています。

B型肝炎のワクチンを打てば、感染する心配はないのか。

感染予防
ご相談者: B型肝炎の患者さん
A1回答1

B型肝炎ワクチンの感染予防効果については、通常(0, 1か月目、6か月目)の3回接種によって、90-95%の方で、感染を予防する抗体が体の中で作られます。抗体の価として10mIU/ml以上の価を示した人を抗体陽性と判定します。一度、抗体が陽性になると、その後抗体が陰性(10mIU/ml未満)となっても感染予防効果は15年間は持続すると言われています。

3回のHBワクチン投与により抗体が陽性となった方でも、その予防効果は100%ではなく95%前後と考えられます。抗体陽性となった方でも約5%の方では感染を防ぐことができないと考えられます。

このサイトは「ソーシャルメディア等を活用した肝炎ウイルス感染者の偏見差別の解消を目指した研究」の研究班により運営されています